データのバックアップは取っておきたい

故人と一緒に撮った画像を失ったら二度と取り戻せない

iPhoneを肌身離さず持ち、命に次に大事にしているような人もいるかもしれません。ただ、万が一、iPhoneが壊れたからといって、実際に命に関わるようなことにはまずならないでしょう。ですが、ただ壊れただけではなく修理の際に保存されていたデータもすべてなくなってしまったということになると、相当なショックを受ける人もいるはず。たとえば、亡くなった家族との思い出の写真などが消えてしまった場合、それを取り戻すことはもう二度とできません。このような悲劇を回避するために、修理前には必ずデータのバックアップを取っておきたいものです。

では、具体的にどのようなデータをバックアップしておけばいいのでしょうか。やはり、iPhoneで撮影した写真や動画は最優先でしょう。iPhoneの中にある画像や動画データのバックアップと聞くと、iPhoneとパソコンをケーブルでつないでどうにかしないといけないのではと不安に思う人もいるかもしれませんが、実際はもっと簡単です。たとえば、バックアップ用のアプリをインストールし、オンラインストレージのアカウントとパスワードを入力すれば特に設定などしなくても自動的にiPhoneの中から画像と動画のデータを見つけて、ストレージに転送してくれます。

iPhoneの画面が表示されないならPCに接続してみる

iPhoneの画面がまったく映らず、アプリのインストールなどはとても無理という場合は、やはりパソコンと接続する必要が出てきます。iPhoneとパソコンをケーブルで接続すると、パソコン側のファイラーと呼ばれるソフトウェアからiPhoneのフォルダに直接アクセスできるようになるのです。この状態でiPhoneの写真フォルダをコピーし、パソコン側の任意のフォルダにペーストすれば、うまくデータをコピーすることができるでしょう。もし、iPhoneが修理後、完全にフォーマットされた状態で戻ってきたら、今度はパソコンに保存されていたデータを移せばいいのです。

問題はiPhoneとパソコンを接続しても、iPhoneのフォルダにアクセスできなかった場合。このケースは、iPhoneにロックがかかっていることが考えられます。この場合はどうにもなりません。というのは、もしiPhoneにロックがかけられているにもかかわらず、パソコンに接続すれば誰でも中のデータを取り出せてしまうのであればロックの意味がまったくないからです。したがって、修理をする際、極力、保存されているデータを消去しない業者に依頼するしかありません。正規の業者はiPhoneをフォーマットしてしまう可能性があるので、非正規業者に理由を言って頼んでみるといいでしょう。