ケースやカバーは外した方が良い?

安心して頼めるiPhone修理店

落とすなどして壊れてしまったiPhoneは、早めに修理をする必要があります。お店で相談すれば問題を解決できますが、その時にケースなどを外すべきか問題になります。簡単な故障ならば外さなくてもすむ場合もありますが、大きく壊れているときは外します。例えばiPhoneのボタンがおかしくなった程度ならば、ケースなどを使った状態でも直せる場合もあります。しかし表面のガラスが割れるなどの問題を修理する場合は、ケースを外しておいた方が問題が起こりづらいです。カバーなどを外すべきか分からないときは、お店の人に相談すれば詳しく説明してくれます。

iPhoneを使うときはカバーなどを使いますが、実はこのようなものは汚れている場合があります。長く使っていると見えない所に汚れが溜まっていて、問題になっている時も多いです。お店を利用する場合に時間に余裕があるならば、カバーなどを外して問題がないか調べておくとよいでしょう。ケースなどの汚れが残ったままお店に持っていくと、問題になるので簡単に掃除などをしておくのは大切です。またiPhoneのケースには外すのが難しいものもあって、そのようなものを使っている場合は無理に外す必要はありません。お店の人に相談すれば対応していくれるので、ケースを使ったままの状態でも修理してくれます。

仕事を依頼する時の準備

iPhoneの修理店を使う時はケースなどを外しておくと、お店の方が作業がしやすくなります。ケースを外さなくてもお店の方がやってくれるので、自分でカバーなどを外さなくても問題ありません。ただ外しておけば作業にかかる時間が短くなるので、効果的にiPhoneの修理を行えます。カバーなどを事前に取り外しておくのが重要になるのは、お店の人が壊してしまう恐れがあるからです。修理を依頼できるお店は丁寧に仕事をしてくれますが、それでも何らかのトラブルでカバーなどを壊してしまう可能性があります。お気に入りのカバーなどを壊されると問題になるので、修理をする時は取り外しておくと問題が起こりづらいです。

壊れたiPhoneを直してもらう場合は、カバーなどに関する説明書を読む必要があります。十分に調べずに無理に外そうとすると、それが原因で壊れてしまう場合があります。特に変わったタイプのカバーだと取り外しづらいものもあるため、そのような商品を使っている時は対応がいります。またケースやカバーを外したほうが良いのは、故障の問題を自分である程度確認できる点もあります。iPhoneのカバーを外せばどのように壊れているか自分でも分かるので、故障の問題を理解できます。