コストパフォーマンスを求める場合は?

iPhone修理における正規店と非正規店の違い

iPhoneを長年使用している人なら、一度は故障させてしまった経験があるのではないでしょうか。そこで困るのが、どこに修理に出せばいいのか分からないということと、どうすれば安く修理を済ますことが出来るかですよね。まず、一般的にiPhoneを故障させてしまった場合は、メーカー正規店へ修理のお願いをすることになります。もし保証期間内で、初期不良など条件に合う場合は無料で行ってもらえるため確認しましょう。しかし、正規店は数が少なく、修理費用と修理期間もそれなりにかかることになります。しかし、正規店なので安心して修理をお願い出来ることも確かですね。 しかし、正規店は数が少ないというデメリットがあります。もし近場に正規店がなくて行けないという方や、すぐに修理してもらいたいという方、修理代を安く収めたいという方は非正規店にお願いするということも可能です。非正規店の場合、料金が安い、修理期間が短いという代わりに、修理に純正品の部品を使わなかったり、お店によって修理のクオリティーがまちまちであることが多いです。さらに、一度でも非正規店で修理してしまうと、その後は正規店で修理することが出来なくなってしまう可能性があることも注意です。安心安全を求めなら正規店、コストパフォーマンスを求めるなら非正規店がおすすめと言えます。

コストパフォーマンスの高いお店を選ぶポイント

コストパフォーマンスを重視して非正規店を選んだ場合、十分にお店を調べてから持っていくことをおすすめします。ではどのような部分を気にしてお店を調べればいいでしょうか。まずは、そのお店にしっかりとした歴史があるのか、悪い口コミはないかなどです。修理年数の少ない、経験の浅いお店だと修理をお願いする方も不安になってしまいますよね。また、優良店であれば良い口コミが多いため、自分の故障状況と同じケースの口コミが見つけられるかもしれません。それ以外にも、HPに修理費用や修理期間が細かく書かれているか、故障の症状に応じた修理内容が細かく書かれているかなども見ておきましょう。細かければ細かいほど、自分のiPhoneの故障状況と一致するものを見つけやすいですし、そのお店のサービスを明確に知ることが出来ます。

それでもなかなか判断がつかない場合は、実際にお店に電話をして相談するというのもおすすめです。故障の症状の確認や修理内容の確認をしておけば、安心して修理を任せられますよね。その時の店員さんの対応なども、お店を選ぶ際のポイントになります。あとはあまりにも修理代が安すぎる場合は注意しましょう。お店によっては安いかわりにサービスが良くなかったり部品が安いものだったりするので注意が必要ですね。